男性に好感を持ってもらう方法

出会い系サイトでは有利な女性ですが、会えることと本命の男性に気に入ってもらえることとは違います。狙った男性に自然に好感を持ってもらう方法を伝授します!

名前を呼ばれると親近感を感じる

出会い系サイトのメールは、当たり前ですが最初は何も知らない赤の他人同士のやりとりです。言い換えれば、男性から見ればメールをくれた女性があなたであろうが他のAさんであろうが、男性なら女性からメールが届けば必ずといっていいほど返事をくれるはずです。

中にはくれない男性もいますが、それは大体女性からのメールやプロフィールが怪しいと感じたときだけです。なので返事をもらえたからといってそこで安心しきってはいけません。

男性はとりあえず会えそうな女性は全員キープする傾向がありますから、その数人の女性の中から自分を選んでもらえるように頑張らなければなりません。その一番簡単な方法が、相手の男性の名前をメールで呼ぶことなのです。

一番最初のメールでもそうです。「Bさん、こんにちは!」や「Bさんはゴルフがお好きなんですね」のように、間あいだに名前を入れることでまず相手のことを想いながら書いた文章だと思ってもらえます。

男性はあなただけ、と思われたり言われたりすることに喜びを感じるので、その手段の一つとして名前を呼んであげるという手法があるのです。

男性へ色々なことを質問する

男性は自分の持っている知識を人に語り、驚いてもらったり褒めてもらったりする瞬間に喜びや幸せを感じます。なので、もしあなたが何でも得意で知っている物知りであっても、ちょっとだけ身を引いて男性へ色々質問してみましょう。

男性は完璧でない女性ほど守ってあげたいという感情になりやすいため、もちろん話や価値観が合うことも大切なのですが、可愛がられるためにはちょっとおバカなくらいがちょうどいいんです。

男性が誇れるものといえば、仕事や趣味のことでしょう。仕事も自分のほうが世間的に評価が高くてもお給料が高くても、ちょっと謙遜するくらいの女性が可愛らしい。それにそもそも、自分がしている職業と全く違えば知識は一つもないわけで、それなら質問の二つや三つすぐに出てくると思います。

すごい!知らなかった~は決まり文句。たくさん質問して驚いて、男性を喜ばせられる女子力の高い女性になりましょう。

俺しかいない!と思わせる甘え術

例えば知り合ってすぐ「しばらく出会いもなくてあなたしかいなくて・・・」なんて言われたらさすがに男性も重くて引いてしまうでしょうが、そうではなく、もっと軽く賢い甘え術があります。

例えば、男性と一緒に住んでいたらその人にお願いするようなことを、ネット上の男性へお願いしたり尋ねたりするのです。「今日ベランダに大きな虫が出て、怖くて外に出られないんです」と言い、「どうしたらどこかに行ってもらえますか?」と尋ねます。

そうすれば虫を怖がるなんて可愛いと思ってもらえる上、頼る人がいない一人暮らしだということもアピールでき、そして虫の対処法を教えてもらえば「助かりました!ありがとうございます」と自然と男性を持ち上げることだってできちゃいます。

本当に虫がいないのにこんなことを言ってはいけませんが(後日会話が噛み合わないことになるかも)、その他にも何か小さなことで困ったら尋ねてみると男性は自信がつきます。あまり頻繁は不自然で重くなってしまうので、時々このように小さなことを甘えてみると良いでしょう。