男性に好感!メールを送るタイミング

出会い系サイトでメールを頑張って気に入ってもらう、会ってもらうというのは男性側だけのお仕事ではありません。今出会い系サイトでは女性の会員数もどんどん増えていて、男性が女性を選ぶ場面というのも多くなってきました。

どうでもいいかな~と思っている男性にも好みの男性にも、同じように好感を持ってもらえるよう頑張ってメールするのがデキる女のメール術!

そこで一番大事なのが「メールを送るタイミング」。もちろん内容も大事ですが、男性はふとしたときに気付ける女性に安心感や親近感を覚えます。あらゆるチャンスを逃さないためにも、男性がおっ!と注目するようなメールを送るグッドタイミングを覚えていきましょう。

おはよう、おやすみメールは最も効果的

挨拶というのはコミュニケーションの基本で、なおかつ自然に親近感を感じさせることができる万能メッセージです。たかがおはよう、おやすみだと思うかもしれませんが、一般的にはこれを送れる関係というのは親友や家族、恋人など比較的親しい仲です。

誰でもその考えが頭の中にあるから、このメッセージを送ってくれる人=安心感のある人という一種の錯覚のようなものが生まれます。

そして、このメッセージにはあまり内容や意味がないというのも魅力で、受け取った側が返事をするときも内容を深く考えずそのまま返すだけでいいので負担にもなりません。その割に朝と晩にしつこすぎない程度にそっとメールが来るものだから、印象には残りやすくなります。知らず知らずのうちに恋人のような気分になってくれる男性も多いでしょう。

女性なのであまり文章力を求められたりはしませんから、こういう小さな心遣いを積み重ねていくことで自然と男性の心をこちらに向けるという女性ならではの方法で頑張ってみましょう。

励まし・応援メールを送る

男性は女性に応援されて燃える生き物。ベタかもしれませんが、頑張ろう!とか雨だから気を付けて!なんて応援メールが来たら出勤前のちょっとした癒しになります。

応援自体が力になるというのもありますが、頑張っての内容が仕事のプレゼンだったり残業だったりすると、覚えててくれたんだという嬉しさが何より距離を縮めます。挨拶と同じで、女性らしい小さくて温かい気遣いです。

出会い系サイトで知り合うと余計に、重たいかな?と遠慮してメールを短く少なくしすぎる女性が多いですが、常識的な数ならば逆に気にしてくれてるんだと喜ばれる可能性が大きいです。

男性はちょっと甘えられるくらいが心地よく感じるものなので、大人の女性を演じて控えめになるよりはちょっと可愛く元気なメールを送ったほうが効果的です。カラーのビックリマークを使ったり、顔文字を使ったり。まるで野球の応援をしている女子高校生のように(は言いすぎか・・・笑)メールと一緒に元気も送れるように心がけてみてください。