長く付き合える理想の男性を探す方法とは?

出会い系では男性よりも出会いのチャンスが多い女性だけど、せっかく勇気を出して会ってみたのにデートはその1回限り・・・なんてもったいない!2回目、3回目とずっと長く仲良くできる理想の男性を探すテクニック3選をご紹介します。

プロフを見て共通点を見つける

出会い系の一つのメリットとして、プロフィール機能で事前に相手の情報が知れることです。例えば住んでいる地域、出身地、好きな食べ物、趣味など、わざわざ聞き出さなくてもその人が大体どういう人物であるかを想像できます。

もちろん住んでいる地域が一緒だったり趣味が同じだったりと共通点がピッタリな相手の方が、メールも盛り上がるし出会ってからも長く付き合っていける可能性が高いです。しかし一番大切なのは、趣味が何かなど具体的なものではなく「インドア派かアウトドア派か」です。

趣味がジョギングかテニスか、読書かテレビ鑑賞かなどはどちらでもよく、休日は家を出る派なのか出ない派なのかが自分と同じであればOKです。それくらい視野を広く持っていた方が、メールのやり取りをし始めたときにアレ?と思ってもすぐに次の男性とのやり取りが始められます。

相手の予定を最優先する男性がいい

これは人柄の話になってきますが、出会い系サイトではついつい会いたいという気持ちが先走って、自分本位になる男性が多いです。

それでも元々思いやりがある男性はしっかり女性側の気持ちを汲みながらメールなり出会いなりを進めていきますが、元々自己中心的な考え方をする男性だと余計に自分のペースに女性を丸め込もうとするため、極端な話早い段階で体の関係を迫ってくる可能性があります。

女性からすると深い関係になりたくないわけじゃないけど、当然相手は選びたいし心の準備もある。そうなると長い目で見てくれる温和な男性の方が良いですよね。

そんな理想の男性を極めるには、メールの段階で女性の予定を最優先する姿勢が垣間見える男性を選ぶべきです。会う日を決めるときなどに、俺は~と話す人ではなく、あなた(名前)は~と話すようなタイプの人を選ぶと成功しやすいですね。

メールでの違和感は出会ってからも続く

練習でできないことは本番でもできません!なんて子どもの頃先生から言われたことがある人も多いんじゃないかと思いますが、出会い系でもメールでできなかったことが出会ってからできると思っていたら大間違いです。

メールって顔を合わさず文章だけでやり取りする分、個性がそのままダイレクトに文章に乗りやすいです。今はSNSやラインなどがあり思ったことをすぐに書いて送るという時代でもありますし、作って確認して修正してから送るという工程がなくなってきています。

たまにいませんか?どうやったって話が合わない人。話題が合わないのではなく空気感が合わない人。赤の他人ですから噛み合わないことは一度や二度ならよくあることですが、何度も続くようであればその男性とは「会っても合わない」と思った方が良いかもしれません。

会話の空気感は合わないと本当にイライラしますし、例え相手は好意を持ってくれたとしてもこちらが願い下げだと断るのも面倒です。

反対に空気感が合う人は、極端な話趣味がインドアとアウトドアで180度違っても、何となくずっと一緒に居られるという関係を作ることができます。