男性と出会うまでのベストな期間とは?

出会い系サイトにいる男性は、できれば早くあなたと出会いたいと思っています。しかし女性からしてみれば、ある程度話をしたり相手を知ってからじゃないと会いたくないですよね。

このように、基本的に男性と女性は会いたい!と思う期間に若干の差があります。そのため一般的には急かす男性よりも待ってくれる男性の方が安心、と言われていますが、それでも女性側の一方的な都合で長々と待たせてしまうのも悪い気がします。

果たして、女性にとって男性と会う判断をするのにベストな期間とはどのくらいなのでしょうか?

早すぎはNG!ちゃんと相手を見極めて

女性も出会いが欲しい、彼氏がほしいと思っている以上、メールやチャットで好感触な男性と知り合うとすぐにでも会いたい!と気持ちが盛り上がるかもしれません。

しかしその一時的な感情に任せて早々に会ってしまうと、結局「思っていた感じと違った」「1回きりで連絡が取れなくなった」なんて残念な結果になってしまいがちです。

確かに直接顔が見えない、声も聞けない状態で長々と連絡を取り合っても意味ない、と思うかもしれません。だけど一番大切なのは本当の相手を知ることよりも「待ってくれる男性かどうか」なんです。

本当の相手、なんて会ってみて何回もデートしてみないと分かりません。だからこそ早く会う、のではなく、待ってくれるような誠実な男性を選ぶべきなのです。それが恋愛目的でも遊び目的でも関係なく、自分に合う相手を探すときの鉄則です。

どれくらいの期間で会うのがベスト?

出会うまでの期間は、早すぎても遅すぎても上手くいきません。それならばちょうどいい中間点はどれくらいの期間なのでしょうか。

まず出会い系で男女が出会う平均期間は、およそ2週間。知り合ってから1週間は朝晩か朝昼晩メールをし合い、その間にどんどん会う話になっていき、2週間目に具体的な日にちやデート内容などが決まって会うという流れです。

そしてまさにこの平均期間は、男性と会うのにベストな期間でもあります。

それより早い1週間以内に会うということは、知り合って3~4日で具体的な話が出るということなので少し早いです。反対に3週間以上経ってから会うとなると、知り合って1~2週間でやっと具体的な話になるということなので後半やや失速感があります。

冷静さも大切ですが、会う時の盛り上がりも二人の関係に必要なものです。

世間話・雑談好きな男性を選ぼう

男性は一般的に早く会いたいと思っている人が多いですが、それを実際に口に出したり行動に移したりするかしないかは大きな違いです。

早く会いたいと女性に言ってくるような人やメールアドレスを送ってくるような男性は、はっきり言って「あなたでなくてもいい」と思っている可能性大。そんな、女なら誰でもいいとかとりあえず会ってみてダメだったら切ればいいや、みたいな男性は嫌ですよね。

そういう男性に引っかかってしまわないように会うまでの期間は長めに取るのが自己防衛として有効ですが、より本当に大人で紳士的な男性と出会うためには、元から世間話や雑談が好きないわゆる「一見無駄と思われる時間を過ごせる男性」を選ぶのがベストです。

同じように世間話や雑談を話す男性でも、会うまでの繋ぎでしょうがなくやっている人と、本当に楽しくお喋りしている人がいます。ある程度長いメール期間を楽しめる人こそ、女性が安心できる理想の相手であることが多いのです。