女性必見!婚活サイトと出会い系サイトの違いとは

周りに出会いがない独身女性がネットで恋人探しをするとなると、候補として挙がるのが「婚活サイト」と「出会い系サイト」。

この2つはどちらも男性と知り合ってメール等で距離を縮めていく・・・という性質は同じですが、登録時や料金などのシステムや中で活動している男性会員のタイプが全く違うことがあります。

あなたはどちらを選ぶべきなのか?婚活サイトと出会い系サイトの違いから紐解いていきましょう。

恋愛を楽しみたいか結婚をしたいかの違い

婚活サイトと出会い系サイトは、そもそも会員の目的が違います。結婚するという視点から見ればもちろん婚活サイトのほうが有利ですが、結婚したい相手を見つけたいという視点なら出会い系サイトのほうが自由があります。

つまり結婚を一旦のゴール・成功としたい人は婚活サイトで活動したほうがいいですが、そうではなく好きな人を作って二人で結婚までたどり着きたいのなら出会い系サイトの方が向いている可能性が大きいってこと。

もちろん婚活サイトでも好きな男性と結婚できないわけじゃありませんが、結婚が大前提なので相手からの条件や見る目が厳しくなりがちなんですよね。結婚の前に出会いやマッチング自体が難しくなってしまいます。

しかし出会い系サイトでは反対に、真面目な男性の割合が少ないというデメリットがあります。

どちらにもメリットとデメリットがありますから、一番良いのは「どちらにも登録して参加してみること」です。出会い系サイトに関しては女性が無料のサイトがほとんどですから、気軽に始められると思います。

既婚者が入会できるかできないかの違い

婚活サイトはその名の通り独身のみ入会できるサイトが多いですが、出会い系サイトは独身既婚は関係ありません。婚活サイトは結婚を応援するサイトで、出会い系サイトは男女の出会い全般を応援しているサイトだからです。

婚活サイトは入会時に独身であることの証明書が必要だったり、信頼のために任意で登録しておく必要があったりします。そのため婚活サイトは「この男性、独身と書いてあるけど本当かしら?」なんて疑いながら活動しなくていい安心感があります。

反対に出会い系サイトは、残念ながら独身と偽って活動している既婚者も多いです。ただ本当に結婚願望があって、でもすぐ結婚するわけじゃなく付き合って自然に結婚したいから・・・とあえて出会い系のほうに登録している男性もいます。

婚活サイトは独身者だけの安心感、出会い系サイトは幅広い可能性を秘めた場としての強みがあるのです。

20~30代は出会い系、40代以上は婚活サイト

あくまでもオススメという感じですが、自身の年齢によってどちらか使い分けるのも良いですね。

20~30代の女性は、条件よりも相手を好きになれるかどうかやピンとくるかどうかなど、恋愛的な要素を重視して恋人探しをするのが良いと思います。なのでなるべくたくさん、色々な男性との出会いのチャンスが得られる出会い系サイトで活動するのが理想です。

反対に40代以上の女性は、自身がしっかりした立場になってきていることから、相手にも多少高いレベルを求めてもいい頃だと思います。相手も40代なのに20代のような仕事の仕方をしていたり貯金が無かったり女性の扱いに全く慣れてなかったり・・・

年収やルックスなどの条件とは少し違う、その年齢に見合ったレベルの男性ということです。そうなると出会い系サイトではなく婚活サイトのほうが、条件から人となりを見ることができます。

35歳くらいまではまだ発展途上で、職業や貯金だけでははかれませんが、それ以上になると今までの過ごし方で男性のレベルがある程度はかれるようになります。恋愛や結婚などの目的だけでなく、自身の年齢でも合う場所合わない場所があるのです。

おすすめ出会い系サイト