そもそも出会い系って安全なの?

ネット上で知らない人たちとコミュニケーションを取ることは、特に珍しいことではなくなってきました。しかし今の30代以上は、掲示板や出会い系に対して不信感が拭えない人も多いと思います。

ネットでの交流や出会いに人一倍気を付けることは全くおかしいことではなく、むしろそれが正しいネットの使い方です。

ただ一点、出会い系サイトというのは以前と今では「安全性が全く違う」ことを今回知っていただきたく思っています。出会い系の選び方の前に「出会い系って安全なのか?」を詳しく語っていきたいと思います。

一昔前の出会い系は確かに酷かった

出会い系サイトと聞くと身構えてしまう人も多いと思いますが、それはそのはず。以前の出会い系サイトは、優良のサイトもありましたがそれ以上に悪質なサイトも多かったのです。

出会い系業界にいない限り、優良サイトと悪質サイトの見分け方なんて分かりません。たくさんの人、特にメール代が有料の男性側が次々と悪質サイトに入会し高いお金をむしり取られていきました。

悪質な出会い系の特徴は、メール代が高い、サクラがいる、登録した途端迷惑メールが山のように届く、などです。

通常メール代は1通50円程度ですが、悪質サイトは500円程度。メール代を使わせるため実際には会社に雇われたメールを送るバイト(サクラ)がガンガン客にウソのメールを送り、登録したデータはすぐに漏れ迷惑メールに悩まされる日々が始まります。

これらはつい10年ほど前の出来事でしたが、最近はめっきりこういったことが減りました。ではその理由を次にお話してみたいと思います。

最近の出会い系が安全になった理由

最近は出会い系サイトについて悪い話どころか、気軽に使えるスマホのマッチングアプリがどんどん増えてきています。

以前から十何年と長い間運営しているPCMAXやワイワイシーなどの優良サイトがアプリを作って使いやすくしているパターンもありますし、アプリから生まれた新しいマッチングサイトもあります。

正直新しいマッチングアプリは怪しいものもたくさんあるのですが、それもサイトが悪質というよりは、位置情報を使ってマッチングしたり奢ってもらうためにロクにコミュニケーションを取らず会うなど使い方次第で危なくなるといった感じが多いです。

なぜこういった最近の出会い系事情が穏やかなのか、それは「口コミ」です。今はなんにでもすぐに口コミ・評価、批判・愚痴などが付きますよね。

一昔前は一人が痛い目にあっても他の人に伝える手段が少なかったので、悪質サイトもなかなか無くなりませんでした。でも今は口コミで数件「最悪です」との評価が付けばみんな近寄りませんし、そんなサイトはすぐに閉鎖に追い込まれます。

つまり、ある程度選び方をミスしても安全に出会い探しができる時代が到来した!ということなんですね。

ネットで出会う慎重さを忘れてはいけない

出会い系サイト自体は安全なものばかりが増えてきた、と言えますが、それでも必要なのは「最終的には自分の危機管理」と肝に銘じておくことです。

いくらサイトが安全でも、その中にいる人物が安全とは限りません。自分でよく見てよく考えてから会う、は今も昔も変えてはならない部分です。

元々出会い系ではメール代が有料の男性側が、実在しない女性(サクラ)と延々メールをさせられたり、出会えても背後に怖い男の人がいてイチャモンを付けられたり(美人局)、被害を被ることがほとんどでした。

しかしサイトが安全でも出会う人が悪ければ、女性の方が危ない目に遭う可能性のほうが高いのです。出会い系では男性は主にお金、女性は身体に気を付けることを忘れてはいけません。

出会い系が安全なのかどうか?は「サイトの質」と「会員の質」の2つがあります。最近のサイトは質が高くなっていることをお伝えするとともに、会員の質はいつの時代も変わらないものなので出会う際は注意しましょう!というお話で締めくくりたいと思います。

おすすめ出会い系サイト