既婚女性は既婚男性と出会うべし!

立場が違うと、どうしても理解できないことがあります。30代以上になってくると既婚者と独身者の両方が混在するので、頭では理解してあげようとしても根本的なところが分からず、モヤモヤした出会いになってしまったり・・・。

そんなことにならないよう、既婚女性は同じ立場である「既婚男性」と出会うのが最適です。

急な予定変更でも理解してもらえる

女性が出会い系サイトなどで、心無い言葉を掛けられて嫌な思いをする話はよく耳にします。その中で多いのが「会えなくなったときに疑われる」というもの。既婚女性は子どもがいたら子どもの急な熱などで予定変更を余儀なくされるし、子どもがいなくても夫を中心に動かなければならない場面が多いですよね。

それを本当はサクラなんだろう偽物なんだろうとか、本当は会うつもりなかったんだろう、と強い口調で責め立てられると、せっかくストレス発散のために参加したのにと最悪な気持ちになります。

男性なので女性ほど完璧にとはいきませんが、同じ既婚者の男性なら独身男性よりは圧倒的に理解度が高いです。何度も会えないのを繰り返すと既婚男性でもしびれを切らしてしまいますが、1度や2度くらいなら理解してくれるはず。

逆に既婚者で1回延期になったくらいでうるさく言ってくる人はロクな人ではないので、こういうところで相手の本質を判断するのもいい方法だと思います。

既婚男性はセックスを焦らない

基本、セックスに関しては既婚男性も独身男性も同じくらい早くしたいと思っているものですが、じゃあ一体何が違うのかというと「待てるか待てないか」です。

両者とも出会って早くセックスしたいとは思っていますが、仮にその日できなかったとしても、既婚者には「次まで待つ」という選択肢が頭にあります。

独身男性にもないことはないのですが、独身男性が既婚女性に求めるものは「スピーディかつ刺激的な出会い」です。人妻というものにある種の幻想を抱いていて、人妻が出会い系サイトに参加しているだけで「誰とでもセックスしたいヤリマン」くらいに思われていたりします。

既婚男性も自分の妻と他人の妻は違うので、人妻には憧れを持っているかもしれません。しかし元々妻という存在がいることによる、本人が知らないうちに感じている余裕があります。後ろ盾というやつでしょうか、同じ男性がもし独り身だったとしたら、早く女性にありつきたくてガツガツするでしょう。

既婚男性は、早く会えるなら会いたい、初対面でエッチできるならしたい・・・という風に「できることなら」と妥協ができるので、焦らされることが少ないのです。

既婚者同士なら秘密が守れる

守るものがあるのとないのとでは、いざとなったときの行動が違ってきます。

もしあなたが独身で、既婚者の彼を大好きになったとします。あるとき急に別れたいと切り出されたら、何をするでもなくても「彼や彼の奥さんだけ幸せになるのは許せない!」と怒りの炎が渦巻くと思います。

でもこちらも既婚者だったら、もしショックを受けたとしても、何か過激なことをしてやろうという気持ちにまではならないでしょう。なぜなら、こちらもゴタゴタでバレたくないからです。

相手に家庭などの守るものがないと、関係がこじれたり別れたくなったときに、相手がどういう行動を取るかでハラハラさせられます。でも既婚男性ならよほど大きなトラブルが起きない限り終始穏便に事が運ぶでしょう。

不倫やセックスフレンドは、バレないように楽しむためのお互いの協力が必要不可欠。人妻のあなたが同じ方向を向いて歩ける男性といえば、既婚男性以外いないのです。